株式投資

メリット:国内の会社の成長を応援でき、成長すればお金が増やせる。政治・経済などの情勢に詳しくなれる。

デメリット:市場の景気が悪化すると、いい会社でも影響を受けて株価が下落。会社が倒産すると最悪の場合価値がゼロに。

主な投資先:国内企業
商品数:約4000銘柄
手に入る利益:値上がり益・配当金・株主優待
利益にかかる税率:20.315%
非課税制度:NISA・ジュニアNISA
リスク・リターン度(5が最大):3〜4

仮想通貨

メリット:送金手数料が安く、世界中で使えるなどこれまでの通貨にない先進性がある。今後の成長に期待できる。

デメリット:値動きが投機的で、一気に損する可能性あり。利益は雑所得扱いで、ほかの金融商品より税率が高くなりやすい。

主な投資先:世界の仮想通貨
商品数:10通貨程度
手に入る利益:値上がり益
利益にかかる税率:最大55%
非課税制度:なし
リスク・リターン度(5が最大):5

メリット:1万円程度から手軽に始められることができる上、専門家による運用と分散投資でリスクを減らせる。

デメリット:運用に失敗すると損失が出る。専門家に運用してもらっているため、手数料が高い。

主な投資先:国内外の複数の株式・債券
商品数:約6000本
手に入る利益:値上がり益・分配金
利益にかかる税率:20.315%
非課税制度:NISA・ジュニアNISA・つみたてNISA
リスク・リターン度(5が最大):2〜4

REIT(不動産投資信託)

メリット:数万円から不動産に投資し、年4%前後の高い分配金利回りを狙える。入居者探しや修繕などのリスクも少ない。

デメリット:人口減少などで不動産需要が大きく落ち込むと、不動産価格も賃料収入も減り、REITの下落につながる。

主な投資先:国内外の複数の不動産
商品数:約60本
手に入る利益:値上がり益・分配金
利益にかかる税率:20.315%
非課税制度:NISA・ジュニアNISA
リスク・リターン度(5が最大):3

iDeCo(個人型確定拠出金)

メリット:掛金の拠出時・運用益・受け取り時に税制優遇があるため、普通に投資信託を買うよりも有利な運用ができる。

デメリット:原則60歳まで引き出せない。収入の少ない人や収入のない主婦(夫)等は、非課税の恩恵を受けにくい。

主な投資先:投資信託・預金・保険
商品数:最大約60本
手に入る利益:値上がり益・分配金
利益にかかる税率:なし(節税効果あり)
非課税制度:非課税
リスク・リターン度(5が最大):1〜2

FX(外国為替証拠金取引)

メリット:レバレッジを使えば短期間で大きな利益が見込める。スマホだけでも取引が可能。

デメリット:為替相場によっては損失も大きくなりやすい。経済状況に通じている必要がある。

主な投資先:世界の法定通貨
商品数:数十通貨ペア
手に入る利益:為替差益・スワップポイント
利益にかかる税率:20.315%
非課税制度:なし
リスク・リターン度(5が最大):5

在宅でもできるネット副業!成功するネットビジネスの始め方

トップへ戻る